コロナ対策、スタッフ28名にてコロナについてzoom勉強会

京都市 上京区 訪問看護ステーション




コロナウイルスに対して

ステーション全体で勉強会を実施しました。




事例をあげ、もし利用者様でコロナウイルスの疑いの方がおられた場合、どのように対応するべきかという事を検討しました。




zoomを使用すると、人数が多くてもグループ分けしてディスカッションが可能です!




そしてその後、グループを解散してグループごとの意見を交換しあい、デスカッションが出来ました。




事例をあげて勉強会を実施する事により、スタッフ1人1人が現実的にイメージが可能になったと思います。




ただ、こちらの対応が過剰になってしまう事は良くありません。




そう言った事をみんなで話し合い、少しずつ意思統一を図って行きたいと思います。




僕たちも初めての経験ですので、少しずつ手探りではありますが、最善を尽くせるよう、上京区を中心とした利用者様にしっかりと安心してサービスを受けて頂けるよう、日々努力して行きたいと考えております。




加藤祐一:所長、作業療法士

コメント


認証コード0123

コメントは管理者の承認後に表示されます。