精神訪問看護研修会〜基礎編〜を受講

昨年11月に開催された精神訪問看護研修会〜基礎編〜を

板野と清岡が受講しました。

精神疾患の病態や症状、薬剤に関する事、看護をする側の接し方など基礎的な内容のほか地域で生活している精神疾患を持つ方の増加に伴い、より精神科訪問看護の需要が高くなっていることを学ぶことができました。

今回の受講で精神科訪問看護では、柔軟な対応や発送がとても重要であることが言われていました。

また、些細な変化に気づくこうとすることが相手に寄り添う姿勢を変え、回復の糸口に繋がることを症例を通して伝えられていました。

この研修会で学んだことは精神疾患を有する方のみならず全ての方に対しても必要な姿勢であり、生活に寄り添う訪問看護では特に意識すべきことだと感じました。

実際の場面で活かせるよう心に留めて一人ひとりに対して関わっていきたいと思います。

清岡昇馬:作業療法士

コメント


認証コード0285

コメントは管理者の承認後に表示されます。